お知らせ

                    ※ 成年後見説明会を開催します!! 
 
 平成25年2月17日に「基礎からわかる成年後見」と題して、私が講師を担当し、一般向けの成年後見説明会を開催致します。

成年後見制度について、分かりやすくお話しをさせて頂きますので、成年後見に関心のある方は、是非ご参加下さい。

参加費は、もちろん無料です。 日時、場所等は下記のとおりです。

 

 
          講師   司法書士 吉田孝弘

          日時   平成25年2月17日 午後1時から午後4時 (受付開始 午後12時30分)

          場所   クレアホール・ふせ
                 東大阪市足代北2の1の13 ブランドーリふせ内

          定員   100名
 
 定員100名となっておりますが、余裕がありすぎて困っています。説明会の中で質疑応答の時間を設けますし、説明会の後で

個別相談会も行います。参加ご希望の方は、下記、チラシをクリックして詳細をご覧下さい。

 

     1.成年後見説明会  チラシ表  ← ここをクリック。 

     2.成年後見説明会  チラシ裏  ← ここをクリック。 

   
 
 

成年後見制度は、あなたがあなたらしく生きるための制度です。

成年後見制度は、権利や財産を守る身近なしくみです。

 最近よく耳にするよになった「成年後見」という言葉。「後見」というのは文字どおり「後ろから見守る」ということ。

つまり、裁判所から選ばれた、あるいは自分がお願いした保護者の方が、必要な見守りを続けながら、ご本人の

身のまわりのお手伝いをしたり、ご本人の財産や権利を守るしくみが成年後見制度です。


 あなたが自分らしく生きるために、また大切な家族の暮らしを守るためにも、是非とも知っておきたい制度です。

成年後見制度には、「任意後見」と「法定後見」の2つの制度があります。

 

「任意後見」について

 

1.任意後見とは、どのような制度ですか?

 将来、自分の判断能力が衰えたときに備えて、あらかじめ保護者(任意後見人)を選んでおきます。将来の財産や

身のまわりのことなどについて、「こうして欲しい」と、具体的な自分の希望を保護者に頼んでおくことができます。

(任意後見契約)。「任意」という意味は、「自分で決める」ということです。万一のときに、「誰に」、「どんなことを頼むか」

を「自分自身で決める」しくみなのです。任意後見人は複数でもかまいませんし、法人もなることができます。

 

2.任意後見制度を利用するには、どのような手続きをすればいいのですか?

 任意後見契約は、公正証書でする必要があります。契約にあたっては、契約の内容を事前によく検討することが必要

です。任意後見契約では、例えば下記のようなことを依頼しておくことができます。

  

  1 大事な権利書や預金通帳を預かって管理してください。

  2 生活費は預金の中から、毎月何万円をあててください。

  3 病気になったら何々病院に入院したいので、その手続きをお願いします。

 

3.任意後見制度は、どのような場合に利用するのですか?

 任意後見制度を利用することで、次のようなお悩みや不安を解決する手助けとなります。

 

 1 身寄りがなく、一人暮らしをしています。今年で70歳になりますが、今のところは体は元気で生活に不自由はありません。

   でも近い将来、自分の財産や身のまわりのことがどうなるか、とても不安です・・・。

 

 2 知的障がいを持つ子供の母親です。私自身が高齢なので、私が亡くなった後の子供の生活がとても心配です・・・。

 

「法定後見」について

 

1.法定後見とは、どのような制度ですか?

 すでに判断能力が衰えている方のために、家庭裁判所が適切な保護者を選ぶ制度です。選ばれた保護者は、ご本人の

希望を尊重しながら、財産管理や身のまわりのお手伝いをします。ご本人の判断能力の程度に応じて、次の3つの類型に

分けられます。

 

  後見  ほとんど判断することができない。

  保佐  判断能力が著しく不十分である。

  補助  判断能力が不十分である。

 

2.法定後見制度を利用するには、どのような手続きをすればいいのですか?

 法定後見を始めるには、家庭裁判所に申立をする必要があります。申立ができる人は、夫(妻)や4親等以内の親族など

法律で定められています。誰をご本人の後見人等にしたいか、その候補者の希望を述べて申立をすることもできます。

 また、一定の条件を満たす場合には、市町村長が申立をすることもできます。

 

3.法定後見制度は、どのような場合に利用するのですか?

 法定後見制度を利用することで、次のようなお悩みや不安を解決する手助けとなります。

 

 1 不動産を売って老後の生活資金にしたいのですが、夫の判断能力が衰えてしまって売買契約が結べません。

 

 2 父の相続が開始して遺産分割の協議をしたいのですが、兄に知的障がいがあり、遺産分割協議をすることが

  できません。

 

 3 一人暮らしの母が、最近判断能力が衰えてきたためか、訪問販売のセールスマンに必要もない高額な商品を

  何度も買わされてしまって・・・。

 

 4 老人ホームの職員ですが、最近、身寄りのない入所者の方の判断能力が衰えてきて、施設の契約や財産の

  管理がうまくできるか心配しています・・・。 

基礎からわかる成年後見

 平成24年2月17日の日曜日にクレアホール布施で行った一般向け成年後見説明会「基礎からわかる成年後見」について、「基礎からわかる成年後見」の検索ワードでホームページにアクセス頂いている方が、何名かいらっしゃるようなので、当日利用したレジュメに沿って、ホームページ上で再度解説を行いたいと思います。

当日のレジュメをダウンロードできる様にしましたので、必要であればご利用下さい。

  基礎からわかる成年後見レジュメ ← クリック